【抱腹絶倒】山登りとパパ:奥多摩紅葉 川苔山単独登山

 

 

 

 

 

 

こんにちは!!

《Family Talk》のパパです口笛

 

先週木曜日は、奥多摩の川苔山に

紅葉shokoponを見にいってきた!

愛娘あかちゃん は妻に任せて

自宅を早朝5時ぐらいに出て月

いざ奥多摩へ

電車を新宿経由で乗り継ぐ

(←2時間42分ビックリマーク

奥多摩駅でおりると

同じような格好したひとたちがびっくり

一斉にバス停にぞろぞろぞろと向かう

圧倒されてしまったガーン

おかげで、事前に調べていた登山届けを

出せるポストを駅構内で探すひまがなく……ガーン

まっ、いっか爆  笑

初めての奥多摩筋肉

 

 

 

 

今まで登ったことのある山は山形の月山だけ

ただ単純に紅葉が見たかっただけ落葉

秋が大好きもみじ

3連休にかこつけて4連休にしてたまには子育てを

少し休憩して、ひとりの世界に浸ってみたくて

いざ到着すると、案の定ほとんど登山者はおらず

単独登山!!

ラッキーラブラブ

ただ……

ここで気になる人発見ピンチ

後ろの人もやもや

なんかずーと下向いたまま

両肘を両掌で抱くようにして歩いている足

しかも、熊よけの鈴を鳴らしながら音譜

キャラ!

チリン……チリン……チリン

 

キョンシーを先導するような音ピンチ

 

き、気が散る……

 

よーし、ペースあげるぞDASH!

 

なるべく単独で浸っていたくて

快活に歩を進めていきます上矢印

 

そもそもなぜ川苔山にしたかというと

紅葉みるためにネット検索してたら

コース的にパパのツボで!

紅葉のほかに、滝も見れる!

百尋の滝爆  笑

マイナスイオンに期待大流れ星

ずーと川沿いだから

ずーと水の音を聞きながら

静かな水が流れる音

落ち葉を踏む音

少しひんやりした空気

孤独……最高!!

いやーこんな幸せはないニヤリ

思わずひとりごとで叫んじゃうくらいに

「あー楽しいラブ

 

チリン……

うん?

チリン……

や、やつだ……

途中途中で紅葉

動画や写真撮るために

止まっていたからか?

いつのまにか彼が迫ってくるガーン

よーし、トレッキングよろしく走るか急ぐ

てなわけで少し走ってみたりして間をまた開く

普段ナイトランのために愛用している

EPSONのJ-50のGPSウォッチで脈拍ドキドキを見ながら

走る、走る木の葉

足の裏の落ち葉がクッションになって気持ちいい!

その後、脈拍ドキドキをだいたい140をあがらないようなペース

ずっと水の音やチョロチョロ、ゴーとか

それこそ川を木の橋を何度も渡るので

冒険してるみたい

童心に帰る、帰るあかちゃん

流れる水の音だけでも癒されてるのに

おまけに先に待ち構える滝なんて独り占めしちゃったら

マイナスイオン

どんだけ浴びるんだ!!

浴びまくって

プラスを引き寄せないか!!

(←どんな理論だ!)

 

順調に2時間弱歩くと

おっ、こんなとこ登るの??

スパイダーマン!?

だけどニヤリ

逆に燃えちゃって炎

トレーニングの一環だみたいな

妙なア・ド・レ・ナ・リン、リン、リンアップ

ぐいぐい進めます

もう一心不乱です夢中

ひとり風雲たけし城みたいな節分

(←そこはSASUKEでよくない!?

そして、

いつのまにか……無音月

ふふふ……ニヤリ

さすがに、わたしの体力にはついてこれなかったな爆  笑

ほくそ笑みながらさらに進んでいきますキラキラ

発見したのは道標アップ

あれ……汗 焦る ヒヤヒヤ汗 焦る ヒヤヒヤ

滝が過ぎた道を……指している右矢印

えーーーーーーーーーーーガーン

現実を受け入れられず

苦し紛れな行動に出てみる

道っぽいところを進みました

しかし

ずるずると斜面を滑りまくって

気づけば道がない

いや……これヤバイな……

ここでようや気づいたパパ照れ

平日x単独x勝手にライバル心ドクロ

あせる、あせる、脈拍ドキドキアガル、アガル

あがってんの、さがってんの、

みんなはっきり言っとけー

アガッテル!!

あ、やばい、遭難ドクロドクロ

うん、遭難してる……ヤバイ

なぜなら……ガーン

登山届けバックの中!!

なんとか、道標のところまで戻ってきて

戻ることを決意

だって、滝観てないし!!

戻ってみる……あせる

チーーーーーン笑い泣き

 

戻るのは登るよりたいへんチーン

だって、だって

おそらく道ではない

勘違いした登山初心者か

ロッククライミングが趣味の人間しか

通らない岩山を登ってきたので爆弾

耳を澄ませます

 

もう一度聴きたい……

 

聴かせておくれよ……

 

――きみの鈴の音音符

途中まで戻って結局

滝を捨てる覚悟

べ、別に娘で癒されてるし

道標通り川苔山方面へ

脈拍150越えてる

やば……一度休憩

休憩していても誰も後ろからは来ない

前からもこないアセアセ

 

ひとり……

 

ひとり……

 

…………うん!?

 

あっ、ひとりか……もやもや

 

ここらへんから遭難と隣り合わせで歩くので

スマホで写真を撮る余裕を失ってしまった……

 

登ること1時間ぐらいすると

前から人が!

 

おーー!

ってか、前の人も迷っている?

「この先いったんですけど道っぽいのなくて…」

「ここまで道標通りきたのでここまでは

正解だと思うんですけどね」

やけに、「ここまで」を強調して自分を落ち着かせる!!

「とりあえず分岐点へ戻りますダウン

こっちには分岐点へ戻る気力はないんで

一縷の望みを零れないように

抱きかかえながら歩くこと10分

また遭難?

ただ、ここは同じミスはしないパパ

落ち葉にうもれた道を

なんとかみつけました!!

急な坂を休憩しながら歩くと

道標で正解だと知って少し気分的に持ち直すブルーハーツ

頂上にいく一本道

その先から

ぼーと現れた人影

聞こえてきたのは

あの鈴の音

驚いて膝が抜けそうになった

と、同時になんだか嬉しくなってチューリップ紫チューリップピンクチューリップオレンジ

あちらから近づく彼に

笑顔で挨拶をしようと爆  笑

頭の中でシミュレーション晴れ

それだけ嬉しかったんですよ

こんにちは!

と声かけようとした瞬間

 

ずっと下向いてるし

 

お、おお……こ…

 

過ぎていく彼と鈴の音

 

君の名は。

(←くだらないよ!)

 

結局挨拶できずに通り過ぎる笑い泣き

 

まだ完全なる紅葉もみじじゃないけど

頂上でおにぎりとおいしく食べてた写真をパチリshokopon

濡れた髪の毛をタオルで拭きながら

ベンチに座ってしばしぼーっとしてみます

 

よし、下山

(←そう、あっけない!)

 

下山まで6-7キロを2時間30ぐらいかけて

ゆっくり降りていきました

途中で

「なんで、おれここにひとりでいるんだろ」

という病んだ独り言あせる

いや、お前が好んできたんだしガーン

と、M-1一回戦で落ちるようなツッコミをしながら

最後まで紅葉を楽しみながら歩きます星

もちろん、

だーれも後ろからも前からもきません

ここで改めて気づく

登山……下山のほうが辛い!!

足をくじくこと5回急ぐ

途中で現地調達した木の枝に助けられながら

なんとか

鳩ノ巣駅に到着チーン

30分ぐらいベンチに座っておじいちゃんと

のどかな話をしながら電車を待って

河辺駅まで青梅線で戻る

温泉のためラブラブ

ゆっくり温泉とサウナを堪能したあとは……

 

最高の登山でした笑

THE END

 




くまもと風土の国産三十三雑穀米


熊本が誇る幻の地鳥【天草大王】







富士登山道具レンタル

あなたはどうおもいましたか?お気軽にコメント・記事のご感想をください。