【Christmas Party ’19!!】Read Aloud Club Dec. 22nd 活動れぽ

3歳

Hello World!

バイリンガル育児中のFamily Talkパパです。

12/22はRead Aloud Club Christmas特別会

 

今年最後のレッスンとなるこの日に、

おのおのちっちゃなサンタさんが

集まってくれて、英語絵本や、

パラバルーン、制作、プレゼントなど

愛あふれるママたちのおかけで楽しく過ごせました

うちの娘も含めて、偶然みんな女の子

 

今日は、12/22のRAC Christmas特別会の様子を

写真とともに振り返ってみます!

クリスマスツリーをかざって、

ファミリーたちをお出迎え。

今年最後とのRAC。

今年も1年また積み重ねてこれたのも

バイリンガル子育て中のファミリーの皆様と

ハロウィンやイースターなど特別会のたびに

「制作」や「フラッシュカード」の構想と準備を

担当してくれている妻のおかげです。

RACに通ってくれているキッズたちのママに共通しているのは

オーガニックコンフィデンス

これまでの記事でもふれてきましたが

英語が「できる」ことが「特別」だとこどもがおもっている以上は

さまざまな弊害がでてくると、個人的におもっています。

【関連記事】

3歳-バイリンガル育児とアナと雪の女王-Frozen II

英語絵本のよみきかせ×リトミックが人間にもっとも大切な〇〇力:1歳7ヶ月via英語絵本成長記録

RACに通っていくれている子たちには、みんなナチュラルなバイリンガルに

育ってほしいとおもっています。

しかも、0歳や1歳のときから

レッスンに参加してくれている子どもたちが初めて参加したのは

0歳や1歳のときの子どもがRACには多くいます

そんな子どもたちが2歳、3歳となっていく過程をこれまで

見させていただくのは、とてもありがたいことです。

どんな子どもも、その純粋な心は大人の心を感動させます。

ご存知だとおもいますが、

2018年から、小学5年生と6年生で英語の授業が始まりました。

そして2020年には小学3年生と4年生で英語の必修化

5年生・6年生では科目として英語が追加されます。

いくつでスタートしても遅くはありませんし、

小さいときにスタートしなければいけない

という「絶対解」は存在しませんが、

小学生になって英語を学習させられても、多くのこどもは

母国語ができあがっているので、抵抗感がでてしまうお子さんもいると

聞きます

早期英語教育というと固い表現にはなりますが、

将来投資しなければいけないものをいまRACに投資してくれている

レッスンに参加していただいたファミリーにの皆様のお子さんが

オーガニックコンフィデンスをもって

すくすく成長してくれることを願っています。

 

 

Read Aloud Clubについて詳しくはコチラ

2020年-1月のRACスケジュール

 

お気軽にお問い合わせください。

下の《お問い合わせフォーム》からご予約できます。

Read Aloud Clubへのお問い合わせ、ご予約をメールM子メールとLINE@ラインで受付中矢印ラインでは【先行予約】を受けつけています。

 

東京、千葉、さいたま市、川口市、埼玉県から、ママだけでなくパパも気軽に参加していただけます。

オールイングリッシュのRAC独自のディープ・イマージョン教育をベースとしていますが、ママやパパが英語を話すこと、理解することを強制させられることは一切ありません。(参加してくれたママたちの声ウインク


 


すべてのおうち教室へのお申込みは

LINE@でも可能です。

LINE ID 「@zxm6671w」で検索してみてね



初めての方のお問い合わせフォームはこちら↓

https://ws.formzu.net/fgen/S63636311/

 
 

<川口市 英語 イングリッシュ 語学 リトミック モンテッソーリ モンテ キッズ 子ども 親子 幼児教室 習い事>

あなたはどうおもいましたか?お気軽にコメント・記事のご感想をください。