【一目でわかる世界】バイリンガル子育て中のママやパパは要チェックサイト

3歳4ヶ月

Hello World!

バイリンガル育児中のFamily Talkパパです。

日本も世界も緊張につつまれてますね。

こんな状態で、我が子を将来、または今現在

海外のボーディングスクールや大学に我が子を

留学させている親たちは心配で夜も眠れないといいます。

今年サマースクールに通わせようと計画していた

ファミリーからも「キャンセルしたほうがいいのか?」

など、知り合いの留学カウンセラーのもとには問い合わせが

殺到しているそうです。

今日は、Johns Hopkins Universityの「コロナウィルスリソースセンター」

が発表している、一目でわかる「世界地図」を紹介します。

JHUはパパと少し縁があります。

かつて教えていた日本人生徒が2年連続で

入学しました。

【関連記事】

【世界最高峰の医学部合格!】Johns Hopkins University

バイリンガル育児の先

どこかのタイミングで海外に我が子をいかせる

ほとんどのママやパパがそんなイメージなのではないでしょうか?

我が家もそうです。

コロナウィルスのこの事態で、今我が子が海外で学んでいる

知り合いのママたちは心配で心配でしかたないでそうです。

特にヨーロッパ、日本からもスイスのボーディングスクールに通わせている

日本人ママは多いです。

学校でコロナウィルスに感染した生徒があったらしく、

学校はシャットダウン。

アメリカやイギリスの友人にも連絡をとりましたが、

街はシャットダウンだそうです。

幸いにITが進んでいるので、オンラインレッスンが可能ですが

時差のため、オンタイムで先生に質問することが難しい。

特に、パパが気にしているのは、あまりIT化が進んでいない

日本の学校の教育の遅れです。

日本の臨時休校の状況下で、日本のインターは「リモート学習」

のおかげで、自宅できちんと教育を受けているそうです。

そうすると、ますます子供たちの教育格差が気になってきます。

自宅学習にも限界がありますし。

もしバイリンガル育児中の小学生や中学生のママの中で

知らない方がいらっしゃいましたら、オンラインレッスンでは

下記のサイトがおすすめです。

https://www.khanacademy.org/

こんなときに欲しいのは正確な情報ですね。

日本語のニュースには限界があるので、

コロナウィルスを世界的視野で確認できる情報が欲しければ

下記のサイトが有効です。

https://coronavirus.jhu.edu/map.html

from  “Johns Hopkins Center for Systems Science and Engineering.”

外出自粛の今、正確な情報を得ながら、対策をして

なんとかパニックを起こさないように一緒に乗り越えていきましょう。

3月は21日と29日しかRead Aloud Clubを開催できませんが、

家で悶々としていれば、遊びにきてみてください。

 

英語絵本と英語リトミックプログラムを

ベースにして、独自のディープ・イマージョン教育を

クレドにしているRead Aloud Club

「英語」「絵本」「川口」「埼玉」などで探していたら

Read Aloud Clubと出会い、通ってくれているファミリーのかた

たちには日頃からたくさんのサポートを頂き、感謝しています。

 

Read Aloud Clubについて詳しくはコチラ

 

案内:モンテッソーリ教室

 

お気軽にお問い合わせください。

下の《お問い合わせフォーム》から

ご予約できます。

Read Aloud Clubへのお問い合わせ、ご予約をメールM子メールとLINE@ラインで受付中矢印ラインでは【先行予約】を受けつけています。

 

東京、千葉、さいたま市、川口市、埼玉県から、ママだけでなくパパも気軽に参加していただけます。

オールイングリッシュのRAC独自のディープ・イマージョン教育をベースとしていますが、ママやパパが英語を話すこと、理解することを強制させられることは一切ありません。(参加してくれたママたちの声ウインク


 


すべてのおうち教室へのお申込みは

LINE@でも可能です。

LINE ID 「@zxm6671w」で

検索してみてね



初めての方の
お問い合わせフォーム
はこちら↓

https://ws.formzu.net/fgen/S63636311/

 

 

<川口市 英語 イングリッシュ 語学 英語リトミック モンテッソーリ モンテ おうちモンテ ベビー キッズ 子ども 子供 親子 幼児教室 習い事 英語教室 英語クラス>

あなたはどうおもいましたか?お気軽にコメント・記事のご感想をください。