【0歳~3歳に英語脳をつくる♪】語彙を増やすための英語絵本よみきかせ

3歳4ヶ月

Hello World!

バイリンガル育児中のFamily Talkパパです。

娘は3歳を過ぎ、語彙数も増えたため、とてもおしゃべりになっています。

パパと歩いていると、次々に目にみえるものを発話します。

ときには、

“Dad, what are they doing?” “Is it raining?”

“Where’s my umbrella?”などなど

3歳を過ぎて、びっくりするほど語彙数が増えたなと実感

今日は、語彙数が自然と増える英語絵本のよみきかせの効果を

ベースに書いてみます。

0歳~3歳までの時期を“Vulnerable Time”(敏感期(モンテッソーリ教育における「敏感期」とは違います)と呼びます。

この時期、大人が話す言葉をしっかりと「耳」で吸収して

やがてくる「発話」の準備をする時期です。

幼児教育のベースにある、「一生影響与える時期」というものです。

生涯の語彙吸収力や語彙量に影響を与えます

よくよく学生をつかまえて「読書量が足りない」

だから「想像力が足りない」という教師が多いですね。

だからといって、本を読む若者は限りなく少ないです。

もともと習慣にないものを習慣にするのは苦痛がともなうからです。

だから、この0歳~3歳の時期から英語絵本よみきかせを習慣化してみましょう!

娘は、時々パパが疲れて英語絵本をよんであげずに寝ようとしていると

怒ります笑

「語彙への欲望」へのあらわれですね。

今娘はただ英語を楽しむだけでなく、レターと音を楽しんでいます。

“Letter Recognition”(アルファベット認識)

“Phonemic Awareness”(アルファベットにともなう音の認識)

この2つに敏感な時期ですね。

A-Zまで認識できるようになったら、今度はその「連なり」で

単語となり、音が発生する

BとAとBとYで”BABY”というふうに。

英語絵本をよみきかせしてあげるだけで、

さまざまな力が次の力につながっていきます。

もちろん補助的にプロの力を借りて、進み方をスピードアップしたり

修正してあげられたらなおいいですね。

何よりも親と子のきずなづくりに最適なよみきかせ

パパがイヤイヤな時期もありましたが、今は寝るときに

“I love you, papa”と言って目を閉じます。

どんな英語絵本を選んだらいいか迷っているママがいたら

「英語絵本キュレーター」のタグ、または英語絵本のカテゴリーに

ある記事を読んでみてください!

次回のRead Aloud Clubは3月29日

普段バイリンガル子育てしているファミリーも

これからはじめようとしているファミリーも

気軽に遊びにきてみてください。

 

英語絵本と英語リトミックプログラムを

ベースにして、独自のディープ・イマージョン教育を

クレドにしているRead Aloud Club

「英語」「絵本」「川口」「埼玉」などで探していたら

Read Aloud Clubと出会い、通ってくれているファミリーのかた

たちには日頃からたくさんのサポートを頂き、感謝しています。

 

Read Aloud Clubについて詳しくはコチラ

 

案内:モンテッソーリ教室

 

お気軽にお問い合わせください。

下の《お問い合わせフォーム》から

ご予約できます。

Read Aloud Clubへのお問い合わせ、ご予約をメールM子メールとLINE@ラインで受付中矢印ラインでは【先行予約】を受けつけています。

 

東京、千葉、さいたま市、川口市、埼玉県から、ママだけでなくパパも気軽に参加していただけます。

オールイングリッシュのRAC独自のディープ・イマージョン教育をベースとしていますが、ママやパパが英語を話すこと、理解することを強制させられることは一切ありません。(参加してくれたママたちの声ウインク


 


すべてのおうち教室へのお申込みは

LINE@でも可能です。

LINE ID 「@zxm6671w」で

検索してみてね



初めての方の
お問い合わせフォーム
はこちら↓

https://ws.formzu.net/fgen/S63636311/

 

あなたはどうおもいましたか?お気軽にコメント・記事のご感想をください。