Special Contents in 2018: “WRAD”

Family Talk in Japan Supports “World Read Aloud Day” on February 1, 2018 hosted by LitWorld and Scholastic

Family Talkは
2月1日の「世界読み聞かせの日:World Read Aloud Day」
に賛同しています
2018年一年間を通して、
Read Aloud Clubを主宰していきます!!
 
最高のママ、パパ、こどもたちの
笑顔と幸せ~なキモチのために!!
 
Hello!!
“Family Talk” operated by a husband and a wife at Kawaguchi, Japan supports World Read Aloud Day, and joins in enhancing public awareness, throughout hosting Read Aloud Club@Kawaguchi in 2018.Our heartfelt wish to raise children not only by parents but also by a larger community with unfathomable love and care centers on our activities.

 

Two profoundly meaningful influences on the child’s life: the beloved voice and a treasured text.

from “The Ancient Yet Modern Practice That Can Change Your Life”

こどものじんせいにとって最も深く、

そして意義のある影響を与えるもの

には2つある:ひとつは、愛する者の声、

そしてふたつめは物語の力が込められた

宝物になるような本(絵本)

「Family Talkパパ訳」

LitWorldのミッションである

 

「読み聞かせ」の7つの効果

(reference: http://teacher.scholastic.com/worldreadaloudday/)

Belonging:一体感・帰属意識(ファミリー、コミュニティー)

Curiosity:好奇心

Friendship:友情・友愛

Kindness:他人へのやさしさ・寛容さ

Confidence:自信・自己肯定感・自己効力感

Courage:勇気

Hope:未来への希望

 

「世界読み聞かせの日」は2月1日!!ママとパパとこどもの21日間チャレンジ!

By participating in this momentous day, you not only seize the opportunity to incorporate the powerful practice of reading aloud into your life, but you also stand in solidarity with the thousands of children and the adults who love and hunger for stories all throughout the world. Seize the power of World Read Aloud Day for yourself.

 

 

「世界読み聞かせの日」という記念すべき日(活動)に参加・賛同することによって、あなたは普段こどもにおこなっている「読み聞かせ」の力を実感し、さらにあなたの生活の中に深く根ざしてくれる機会を得ることになるでしょう。それだけではありません。しかも、世界中の「物語」を愛し、「物語」を全身全霊で必要としているこどもたちと大人たちとの一体感を得ることもできるでしょう。

 

ほら、あなた自身の手で「世界読み聞かせの日」の力を手にとってみて。

「Family Talkパパ訳」

 

 

 

 

World Read Aloud Day

 

 

 

日本から、

 

埼玉から、

Kawaguchiから盛り上げたい

 

2月1日から、

 

パパが始めることを宣言!

21日間連続英語絵本の読み聞かせチャレンジ!!

 

毎日、かわいい我が子に

読み聞かせしているママたちには

簡単なことですよね~

 

 

そこで!!

 

 

ひとつ「提案」

 

 

 

パパにもやってもらいましょう!

 

 

 

パートナーに日本語でも、

英語でも絵本をこどもに

読み聞かせしてもらうこと

のメリットは

とってもたくさんあります。

 

そのメリットを語る上で、

 

大事な要素が「記憶力」です。

 

そもそもなぜ21日間なの??

 

人間が、何かを望んで記憶したい場合(英単語や試験範囲など)

連続して同じことを21日間連続して覚えようとしないと、一週間後には忘れてしまう。

 

 

これが、多くの研究で証明されている人間の脳の事実です。

 

photographic memoryなどの

特殊な記憶能力

をもっているお子さんは別として、

うちの子がそんな特殊な能力を

もっていればうれしいですが、

そんなことを期待するわけには

いかないですよね。

 

重要なことは、

 

 

 

 

21日間「一回も休まず」。

 

 

 

一回でも休んでしまえば、

 

 

 

脅すような言い方になっちゃいますが、

 

 

 

 

効果が期待できないんです

 

どうして「読み聞かせ」に21日間の「記憶力」が必要なの??

 

21日間連続するということは、

 

 

ある特定のものが記憶される

 

 

 

ということは、

 

 

「習慣」になるということなんです。

 

 

 

「一生忘れにくい記憶」になりますから。

 

「雀百まで踊り忘れず」です。

 

ということは、

 

 

 

21日間連続すれば、

 

 

《新習慣》を身につけられる

 

 

 

たとえば、

セミナーを思い出してください。

 

 

 

自己啓発セミナーや、なにかのワークショップにあなたがワクワクしながら参加したとします。

たとえば、予想以上にそのセミナー講師のレクチャーに感銘を受けたとします。

 

 

 

そして学んだことを実践してこうと決める。

 

 

「意志の力」で。

 

 

実践している最初の頃はとっても快感です。

 

 

 

新しい習慣というのは「新品」ですから、

 

 

キラキラしてます。

 

 

あなたはその「新品」を手にとって

最初の2,3ページをめくっているときは、

楽しくてしかたないはずです。

 

 

 

ところが、

 

 

 

 

 

 

ぴたっと自分にブレーキがかかります

 

 

 

「意志の力」ほど人間に

 

 

 

 

幻想を見せるものもない

 

 

「意志」は弱い。

 

 

 

脳科学的にみると、

 

 

RASという「網様体賦活系」が関わっていると

言われています。

ここは「仕分け」をするフィルターだとおもってください。

人間の脳には

「重要かどうか」を仕分けなければ、

すぐに頭は容量オーバーになってしまうくらいに、

一日でも、ものすごい量の情報を処理しているといわれます。

 

 

だから、

 

 

 

 

「新しい」=「重要ではない」と、

 

 

 

 

いくら本人が「大切だ」と「意志の力」で思うようにしたとしても、

人間の脳が

それと真逆の「行動」をしちゃう。

 

 

 

つまり、

 

 

「新しい習慣」というのは、

 

 

 

やがて、フィルターで

 

 

「重要ではない」と仕分けられてしまう運命

 

ダイエット、

単語の記憶、

料理教室、

時間整理術、

断捨離、

ガーデニング、

その他新しいことを習慣にしようと思ったら、

 

 

RASに

 

 

「これ大切だから、ちゃんと「重要」のラベルを貼って仕分けてね」

とプログラミングしてもらう必要がでてくるわけです。

 

(RASについてさらに詳しく知りたい方はこちらのリンクへどうぞ)

 

 

ここで、

 

 

「意志の力」ではなく

 

 

「21日間連続した行動」の出番です。

 

 

パートナーに「新しい習慣」を身につけてもらい、

 

 

しかも、それをずっと続けてもらうためには、

 

 

21日間続けてもらわなければいけません

 

 

 

 

むずかしいことですよね~~~

 

 

 

 

ベビーや幼児のこどものパパって、

 

 

 

わたしを含めだいたい

 

 

「パパ(男)としてのプライド」

 

 

「妻へのアピール」で日々生きてますから、

 

 

そこはなんとか策を練ってみましょう笑笑笑

 

 

 

つまり、ママたちがうま~く

 

 

手なずける必要があります笑

 

 

 

 

 

そこで!!

 

 

 

こちらのリンクからPDFをプリントアウトしてください。

21daychallenge_calendar

21日間絵本を読み聞かせしていても、

 

 

習慣でない人には、

 

 

途中で絶対に「飽き」がきてしまいます。

 

 

 

もし、

 

 

 

英語が苦手なママもこのブログを

 

 

読んでらっしゃるかもしれないので、

 

 

1日ずつ編集して翻訳しますね!

 

Day 1: 演技しよう!表情豊かに、声も替えてね。
Day 2: 新しいことば(英単語)をひとつだけ教えてあげて!
Day 3:「形」についての絵本をよんであげて!そして家のなかの同じ形を教えてあげてね。
Day 4:「場所」についての絵本をよんであげて!
Day 5:「料理」の絵本をよんであげて!
Day 6: たまには「違う場所」で絵本読み聞かせしてあげて!
Day 7: 野外で読み聞かせだよ!
Day 8: ひとつだけ新しいことば(英単語)を教えてあげて!
Day 9: 「季節」についての絵本をよんであげて!
Day 10: 大人が読むものを読み聞かせしてあげて!
Day 11:「絵」についてこどもと話してみよう!
Day 12: こどもに絵本を選ばせてあげて!
Day 13: いつもと違う人に読み聞かせしてもらう日だよ!
Day 14: グループの読み聞かせ会に参加してみて!
Day 15: 大人が動きで真似できるような絵本を読み聞かせしてあげて!たとえばエリック・カールの”From Head to Toe”
Day 16: こどもの「好きな動物」についての絵本を読み聞かせしてあげて!
Day 17: ひとつこどもに絵本を読みながら「質問」してみて!
Day 18: ページをめくるまえに「次どんなことが起きるか」を想像させてみて!
Day 19: リズムがある絵本を読み聞かせしてあげて!
Day 20:「外国」についての絵本を読み聞かせしてあげて!
Day 21: オリジナルのお話を読み聞かせしてあげて!
Day 22 (Family Talkパパオリジナル):今日はみんなにご褒美の日!いつもと違うプチラグジュアリーな時間を過ごしてみて!

 

言い出しっぺのパパも

 

21日間必ず1日も休まず行います!!

 

 

 

インスタグラムのアカウントをもっているママは、

ぜひぜひパパの日本語の絵本でも、

英語の絵本でも、読み聞かせの様子を,

2月1日スタート、もしくはいつからでもスタートしてもOK!!

専用ハッシュタグ

#familytalk

をつけて拡散歓迎しています。

どんどんアップしてみたい!

と共感してくださるかたは、一緒にたのしみましょう

 

いっしょに「絵本読み聞かせ21日間チャレンジ」
やってもいいよ~~~という子育て中のママ募集中

 

Family Talk のインスタグラムは

 

下の「読者になる」SNSアカウントから追加できますよ~~

 

 

子育て中のママ、パパ、

おじいちゃん、おばあちゃん、

おにいちゃんにおねえちゃん、

楽しんで相互フォローして

励ましあってみませんか?

 

 

 

21日間チャレンジで、

 

 

ママもパパもこどもの「世界」が変わる!

 

 

 

 

そんな21日間になるといいですね

 

 

 

 

絵本選びでお困りのあなたは、こちらへどうぞ

 

 

 

 

「グループの読み聞かせ会」に参加してみることは、

とてもこどもにとって刺激になります。

他のこどもたちと一緒にひとつの絵本をみるというのは、

ライブ感があり、体の中をいつもと違う刺激がかけめぐります。

好きなアーティストのライブコンサートをひとり

DVD鑑賞するのもいいですが、

たまにはドームでライブに参加してみると

一体感という新しい感覚を経験できるのとおなじこと

 

 

 

 

ほら!!

 

 

世界中のママ、パパ、

 

 

こどもたちと一緒に「読み聞かせ」を楽しもう!!