子どもの英語教育スタートはいつ?

Family Talkパパ
Family Talkパパ

3歳6ヶ月

Hello World!!

バイリンガル育児中のFamily Talkパパです。

ある最新の首都圏に住むパパ・ママへのアンケートでは、「子どもの英語教育に力を入れていますか? または、これから力を入れていく予定ですか?」との質問に、6割以上の方が「はい」(63.5%)と回答したそうです。

つづけて、「何歳から英語教育を始めるべきだと思いますか?」という質問への回答では、「3歳~」(25.4%)が最も多く、「2歳~」(15.2%)、「子どもが興味を示したら」(11.7%)、「生後6ヵ月~」(11.5%)、「1歳~」(10.9%)が続きました。

同調査で「どのような教育方法で英語を学ばせたいですか?」と質問した結果は、「英会話教室」(44.8%)が最も多く、早期英語教育への高い関心がうかがえます。

バイリンガル教育を通して親子が体験できることは、モンテッソーリ教育や、レッジョ・エミリア、七田式などなど、さまざまな教育メソッドとおなじ

 

子どもが英語教育をとおして、英語に不自由しないようになってほしい、という言語そのものの成長のほかに、早い段階での英語教育は多くのメリットがありますし、なによりもしあわせな時間が日々ながれてくれます
“子どもの英語教育スタートはいつ?” の続きを読む

【ブラックアウトチューズデイ】と【新型コロナ】からみえてきた人種差別と英語教育

Family Talkパパ
Family Talkパパ

3歳6ヶ月

Hello World!!

バイリンガル育児中のFamily Talkパパです。

「人種差別はまちがっている」

近代の否定しようもない真実です。

が、まだわたしたちはそれと無縁の世界を築くことはできていません。

人種差別を受けたことがあるかどうか?

 

ほぼ単一民族国家といってもいい日本で過ごしているとなかなか気づけませんが、個人的には「人種差別」は世界の忌まわしき共通歴史であり、「主義」に執着したレイシスト(人種差別主義者)は程度の差こそあれ、街のいたるところに存在しているとおもいます。

新型コロナ、そしてSNSでひろがるブラックアウトチューズデイから、新時代のバイリンガル教育(早期英語教育)はどこに向かうべきなのか、考えてみたいとおもいます“【ブラックアウトチューズデイ】と【新型コロナ】からみえてきた人種差別と英語教育” の続きを読む

【ニューヨーク公共図書館♪】図書館員推薦英語絵本!

Family Talkパパ
Family Talkパパ

3歳4ヶ月

Hello World!!

バイリンガル育児中のFamily Talkパパです。

世界で最も有名な公立図書館である「ニューヨーク公共図書館」

このNew York Public Libraryはパパのような古典アメリカ文学の研究者の端くれとしては、テンションMAXになってしまうスポット。

5番街と42丁目の交差点-ちょうどタイムズスクエアとグランドセントラルの中間に本館、その他いろんな場所に90以上の分館を誇る公共図書館です。正面玄関の前にトレードマークの2体のライオン像があります。

“【ニューヨーク公共図書館♪】図書館員推薦英語絵本!” の続きを読む

【イヤイヤ期になったら読んであげたい英語絵本♪】感情をことばにしてあげる#94-97

Family Talkパパ
Family Talkパパ

3歳4ヶ月

 

Hello World!

 

バイリンガル育児中のFamily Talkパパです。




女の子パパのみなさま

2歳~3歳近くになるまで、あんなに仲の良かった娘の反抗期にくるしめられませんでしたか?

・朝目が会っただけで、ヒステリックに叫ばれる!

・「ママがいい!ママがいい!」と何もさせてくれない!

・とにかく近寄らない・・・

何もしていないのに・・・

いや、ほんとに何も・・・

3歳あたりで、またべったりに戻って安心しました!

普通、この2歳~3歳を「イヤイヤ期」と呼びますね。

「自我の芽生え」だったりもしますが、まーやっかいなものです。

ただ、こんな時期のお子さんをもつママにマインドセットの変更をおすすめします。

この時期はバイリンガル育児の「黄金期」であり、モンテッソーリ教育の観点からすると「魔法の時期」のようなものです。

この時期の接し方が、環境の整え方、提示や言葉の選び方はその後一生涯

こどもに影響を与えるようです。

今日は、「イヤイヤ期」だからこそ読んであげたい英語絵本を

ご紹介します!モンテッソーリ教育に感心があるママもぜひ!

“【イヤイヤ期になったら読んであげたい英語絵本♪】感情をことばにしてあげる#94-97” の続きを読む