英語絵本を好きにさせるだけで「幼児英語」大成功!親子でたのしめるおすすめ英語の絵本#16-18:Authored and Illustrated by Naoko Stoop

Hello!!「英語絵本キュレーター」のFamily Talkパパです

突然ですが質問です!!

今、世界で、もっともこどもたちの間で有名な「赤いニット帽の女の子」ご存知ですか?

知っているというあなた! だいぶ「絵本ツー」です

その「赤いニット帽の女の子」の生みの親は、実は、日本人なんです!!

今回は、アメリカ人でもイギリス人でもない、ニューヨーク・ブルックリンにアトリエをもつ、日本人イラストレーターの英語絵本を、愛をこめてご紹介します!! “英語絵本を好きにさせるだけで「幼児英語」大成功!親子でたのしめるおすすめ英語の絵本#16-18:Authored and Illustrated by Naoko Stoop” の続きを読む

ディズニーでメリークリスマス!親子で恋するおすすめ英語の絵本 特別編 II: 「3歳以上」クリスマスの絵本

Good Evening, Mamas & Papas!!Family Talk「英語絵本キュレーター」のパパですhttp://familytalk.space/wp-content/uploads/emoji1-kao/image021.png

ベビー・キッズへのクリスマスプレゼントはなにに決めました?

先日ヘアサロンに行ったら、担当のひとが「娘がプリキュアの変身セット欲しいって言ってるんですけど、あれ2月でかわっちゃうじゃないですか~」

は?????

かくかくしかじか・・・

全く知らなかったです 

「プリキュア」って、キャラが1年ごとに変わる「仮面ライダーシステム」だったんだ!!

今日は、前回の特別編Iの続編ということで、特別編IIとして、3歳以上のキッズ向けの、クリスマスの厳選英語絵本を「英語絵本キュレーター」のFamily Talkパパが、愛をこめて紹介します 

“ディズニーでメリークリスマス!親子で恋するおすすめ英語の絵本 特別編 II: 「3歳以上」クリスマスの絵本” の続きを読む

踊れ!踊れ!踊れ!!親子で存分に楽しむ英語絵本#12-15: Illustrated by Guy Parker-Rees

Good Morning, Mamas & Papas!!Family Talkのパパですhttp://familytalk.space/wp-content/uploads/emoji1-kao/image021.png

「色なんて好きな色で塗りゃいんだよ、てやんでぇ!!」(かーーーぺっ!!)

規格外の大胆な色彩感覚と、

すっごいエネルギーの塊のような絵のスタイル

超売れっ子になったイラストレーターを紹介!!

ジンバブエ生まれで、イギリス育ち。

「個性を尊重するたいせつさ」をおしえてくれる

お・か・し・な「ダンス」をしちゃうキリンで、

一躍名を馳せたイラストレーターの作品の

厳選絵本を愛をこめてご紹介しますhttp://familytalk.space/wp-content/uploads/emoji2/image1096.gif

(今回は遊び心満載の絵本作家のなので、

こっそり「裏技のたのしみかた」も共有しまーす)

“踊れ!踊れ!踊れ!!親子で存分に楽しむ英語絵本#12-15: Illustrated by Guy Parker-Rees” の続きを読む

英語絵本を好きにさせるだけで「幼児英語」大成功!親子でたのしめるおすすめ英語絵本#10-#11:Illustrated by Helen Oxenbury

Good Morning, Mamas & Papas!!Family Talkのパパですhttp://familytalk.space/wp-content/uploads/emoji1-kao/image021.png

一昨日、「英語絵本キュレーター」のパパがこちらのブログで紹介した絵本を、Amazonから手に入れた読者の方がいらっしゃいました。嬉しいですね~少し「Change the World」になったかなって、おもっていますhttp://familytalk.space/wp-content/uploads/emoji1-kao/image015.png

これまですべて(#1-#9)は、アメリカ人著者とイラストレーターの絵本を紹介してきました。今日は、「児童文学」と「ファンタジー」の「聖地」イギリス出身イラストレーターの絵本を、愛をこめて紹介します。

今回いつもよりだいぶ愛と熱がこもってます笑

“英語絵本を好きにさせるだけで「幼児英語」大成功!親子でたのしめるおすすめ英語絵本#10-#11:Illustrated by Helen Oxenbury” の続きを読む