「イースター」について教えて!「イースター」まで日本に浸透してきた!親子でたのしめる英語絵本特別編

Hello!!

「英語絵本キュレーター」のFamily Talkパパです

春になると思い出すものランキング!!

5位.Spring Break(アメリカでの大学院生時代、1週間ほど3月末は休みでした)
4位.マイバースデー(妻にアピール)

3位.花粉症(期間限定の地獄)

2位.お花見 1位.Easter Day(イースター)

 

ハンプティ・ダンプティも嫉妬するくらいのカラフルなエッグでおなじみの「イースター」(Easter)

特に、イベント的なことをしたこともないんだけれど、どうしてか気になってしまうこの「イースター」

最近びっくりしたことに、100円ショップの前を通ったら、「イースターグッズ」が店頭に並んでる!!

「えええええ!!! ハロウィーンだけじゃなくって、ついにイースターまで日本を侵略!?」

正直、そう思いました笑

「ハロウィーン」はいわゆる《インスタ映え》するイベント。なので、もはや日本ではバレンタインデー時期よりも経済効果をもたらしてるみたいですね。表参道や新宿、渋谷のスクランブル交差点はどえらいことになります笑

おそらく、こどもをインターナショナルスクールや英語スクールに通わせているママたちにはおなじみかもしれませんが、それ以外のママたちは「イースター」の正体や、「イースター」がテーマの英語絵本については、馴染みがないかもしれませんね。

実は、この「イースター」という日は《すべてのママたち》に関係しています!

今日は、シンプルでテキトーに「イースター」をパパの知識の中から語りながら、愛を込めて「イースター」がテーマの英語絵本を紹介していきます!! “「イースター」について教えて!「イースター」まで日本に浸透してきた!親子でたのしめる英語絵本特別編” の続きを読む

ママを「魔法使いに」にさせてくれる魔法の英語絵本!親子でたのしめるおすすめ英語の絵本#51-53: Authored and Illustrated by Christie Matheson

Hello!! 「リードアラウド・コーチ」のFamily Talkパパです

 

妻のお腹のなかにいるときから、絵本の読み聞かせをはじめたパパと、パパの声を聴いてきた娘

 

そんなMy One and Only Loveの娘も1歳三ヶ月。

 

絵本への反応も、指を指しながら、物語のクライマックスや「オチ」がわかっているのか、さらにハイテンションになってきました!

 

絵本を手にもって、キラキラした目を見つめると、「未来」が見えてくるようで、幸せこの上なしですね

 

先日、2度めのひな祭りを迎えました
そして、同じ日に、ついに、補修不可能なくらい英語絵本を破りました笑

「も~~力の加減!!」

 

そんなツッコミは、ニコニコの娘に言っても、スベってしまうだけ。

まあ、ボードブックじゃなくて、ペーパーを床に置きっぱなしにしていたパパが悪いんだけどね笑

 

パパには、もう、絵本の中身を知ってからは、ワクワクが止まらない絵本。
そんな、早く早く、読み聞かせしたくて仕方がない英語絵本がたくさんあります!!今日は、その中から、パパが感動した著者兼イラストレーターの絵本3冊愛をこめてご紹介します!!

“ママを「魔法使いに」にさせてくれる魔法の英語絵本!親子でたのしめるおすすめ英語の絵本#51-53: Authored and Illustrated by Christie Matheson” の続きを読む

絵本に飽きる前にこの英語絵本をとって!親子でたのしめるおすすめ英語の絵本#27-28: Authored and Illustrated by Hervé Tullet

Hello!! 「英語絵本キュレーター」のFamily Talkパパです

都心の雪は、

こどもにとってはファンタジーでしたねー。

そんな裏で、首都圏の各駅では、

雪のようなピュアな心を失った大人たちの

怒号がとどろいていましたけど。。。

「暴徒化」は中東アジアや、

海外のいたるところのデモ行進だけでしか見られない、わけでもないですねー。

 

さあ、久しぶりに質問です。

世界で、もっとも「ぶっ飛んだ発想」をもつ人間を輩出する国といえば??

 

アメリカ?

 

ロシア?

 

イギリス?

 

 

 

 

 

それとも日本??

 

 

 

 

いえいえ、

 

 

 

 

 

 

なんといっても

 

 

 

 

フランスしかありません!!

 

仕掛け絵本なんて古いですのよ!!

 

 

この国は、歴史的にみても、

思想家、哲学者、芸術家の面においては常に世界を席巻してるんですよ。

フランスで「常軌を逸した」ムーブメントが広がる

アメリカの同士が講演や個展を依頼

全米を席捲

世界中に輸出

日本に到着

今日は、

初めて、フランス出身のイラストレーターの

「体験」できる絵本作品を愛をこめて紹介。

いわゆる絵本の「進化系」。

これぞ、パパが名付けさせてもらうと

「ポスト仕掛け絵本」

 

の時代を代表するアーティストだ!! “絵本に飽きる前にこの英語絵本をとって!親子でたのしめるおすすめ英語の絵本#27-28: Authored and Illustrated by Hervé Tullet” の続きを読む

男の子が大好きな「アレ」Beep-beep! 親子で恋する英語の絵本 特別編

Hello!!「英語絵本キュレーター」のFamily Talkパパです

はじめましての方はぜひFamily Talkパパのことを知ってください

Read Aloud Club@川口を企画したパパのリトルストーリー初公開

絵本を読み聞かせしているけど、うちの子、本当に聴いているのかな?

これって、意味あるのかな?

 

なんて、心くじけたことはありませんか?

途中で、絵本を読むのを諦めてしまったり、「なんだ、聴かないじゃん」とすねたり

その悩みにひとつ処方箋を

今日は、男の子ママ向けの英語絵本3冊を、「モンテッソーリ教育」のことについてもふれていきながら、愛をこめて紹介します “男の子が大好きな「アレ」Beep-beep! 親子で恋する英語の絵本 特別編” の続きを読む